家庭教師物語 home teacher

家庭教師選びのポイント

家庭教師とは言え学生な方が割合を占める状態です、仕事とは言えアルバイト感覚で取り組んでしまう方も中には居るようです。
このページでは、家庭教師を選ぶに際して気をつけるべき点について取り上げたいと思います。

生徒と家庭教師の相性が一番大切

多くの家庭教師が居ると当然のことですが、その中の家庭教師にも、あまり言いたくありませんが・・・当たりハズレがあります。
学生気分の抜けない家庭教師で勉強中はずっとおしゃべりで時間を潰して仕事をサボる家庭教師もごく稀にいらっしゃるようで。
では、どの家庭教師が優れているかということを一概に言うことはできません。
学校の先生や学習塾の先生の場合は、生徒数が多いために多くの生徒によってよい先生が評判の先生ということになります、過半数の割合で決定されてしまうのが難点ですが。
しかし、家庭教師の場合は生徒は一人です、いわゆるマンツーマン状態での学習スタイルとなります。
よって、生徒との相性が家庭教師を選ぶ上で非常に重要な要素になってきます。
また、現在のゆとり教育のせいかは存じませんが生徒の言うがままになる家庭教師も少なくないとか。小学校受験の子に家庭教師を付けるときは今後の勉強嫌いにも繋がってきます。しっかりチョイスしてあげて下さい。

ページの先頭へ

有名大学在籍教師が優秀な教師?

親御さんの希望する話題で、有名大学に在籍している現役大学生の教師に教えてもらいたいということをよく耳にします。
また、多くの家庭教師派遣会社の方も有名大学の大学生か卒業生しか採用していませんという宣伝をしていたりします。
ではここで、有名大学に通っていたもしくは受かった先生は優秀な教師なのでしょうか?
NOだと思います、確かに有名大学に在籍しているということは、小、中、高と努力し勉強ができたに違いありません。
しかし、自分が勉強するのと人に教えるのでは雲泥の差があります。
特にストレートで有名大学在籍まで上り詰めた家庭教師は小、中、高と自分は勉強ができたものですから、勉強ができない生徒・理解に時間が掛かる生徒に対して「どうしてこんな簡単なことがわからないの?」とイライラしてしまうこともあります。
生徒の中にはプライドの強い人が居て、ぶつかる事もしばしば。
落ち着いてよく考えてみてください、自分の学力に自信がないのに有名大学の家庭教師を希望する人がいるでしょうか?
酷な言い方ですが、学校の授業についていけない生徒に有名大学の家庭教師をつけた所で話すら合いません、互いが互いの言葉の意味が理解できません。
お子様の学力を向上させたいにしろ、家庭教師を希望している以上、在籍している大学名やブランドに関わらず、みんなそれなりの学力は持っているのです。
当サイトの管理人は、有名大学の先生は優秀ではないということを言っているわけではありません、否定もしていません。
もちろん、有名大学の先生の中にも人に教えることの上手い優秀な先生はたくさんいると思います。
しかし、有名大学の先生だから全てが優秀な教師だと即断するのはどうかなと私は思うということです。
では、生徒にとって優秀な家庭教師とはどのような教師なのか。
教師選びのポイントについて多数の意見を参考にした結果を載せていきたいと思います。

ページの先頭へ

まず、生徒をよく見ている

指導力に優れている教師は、生徒の性格、行動を観察しよく熟知して行きます。
生徒の行動や考え精神面を熟知していなくては、生徒が課題をやってこなかった時や成績が思うように伸びないとき、勉強に対してやる気が出ないときに適切なフォローやアドバイスをすることはできません。
よって、指導力に優れている教師は、生徒の性格、行動をよく熟知しています。
では、家庭教師を選ぶ段階でどのようにしてこの教師が生徒をよく見てくれるのかどうかを判断するのでしょうか。
まず、家庭教師センターでの面接や体験授業で教師が生徒に対して積極的に話しかけているか見るようにしましょう。

ページの先頭へ

生徒よりも実は教師の方が不安

家庭教師が来ると聞いて生徒は初めて会う先生ということ、どんな先生だろう?厳しいかな?優しいのかな?等々、想像の中は不安な気持ちで面接や体験授業に臨むでしょう。
しかし、実は、担当となる家庭教師の方が生徒よりももっと不安なのです?
・自分の受け持つ生徒はどんな子かな?
・自分の学習スタイルで生徒はやる気を出してくれるだろうか?
・生徒は自分と打ち解けてくれるだろうか?
・生徒の成績を自分のスキルで上げることができるか?
などなど、家庭教師になられるかたも非常に不安なのです。
生徒の親御さん方は、今の家庭教師と性格が合わなければいつでも教師をクビにする権限を持っています。
家庭教師派遣会社に対して代わりの先生を頼むことも可能なのです。
しかし、家庭教師は「仕事」として教師をやっているのですから、簡単に辞めるわけにはいきません、働かないと給料がもらえません。
よって、責任感が強い教師ほど経験豊富なベテランな教師ほど、始めに生徒の性格を知ろうと心がけるはずです。
家庭教師の場合によっては、親御さんに対して「この子はどんな性格ですか?」と当たり障りの無い質問をしてくる事もあります。
生徒さんの性格がおおよそでもわかれば、意見や質問のミスマッチを予め防ぐことができますし、また実際の授業でも生徒の性格に合わせて学習指導することが可能だからです。

recommend

業務用脱毛機

Last update:2019/2/25

ページの先頭へ
コピーライト